里山オーナー会

平成27年度第37回作業

«次の記事
前の記事»

引続き線路脇の木を伐採しました。

  9時~11時(晴)
4名(4,5,7,8区画)
線路脇整備

今日は残った西端の木を伐採します。

3本の中でも一番大きい上に二股に分かれた枝がかなり線路側に貼りだし、全体に重心が線路方向にあるのでそのまま切り倒すと最悪線路の方に倒れてしまう危険性があります。

そこでまず出来るだけ枝を切り落とし、全体を軽くして幹を切る作戦にしました。

会長自ら木に登って枝を手鋸で切っていきます。

命綱をつけているとはいえ6メートルの高さです。切り落とした枝が体にあたっても大きな怪我をします。

切り落とす枝にロープをくくり、それを上の枝の股を通して下から引っ張っておきます。こうすると枝が切れた時にそのまま下に落ちないのでとりあえずは線路の方にはいかないという訳です。

南側の枝を先ず切り落とし、続いて線路側の枝のそのまた小枝を3本切ったところで2時間がたちました。とりあえず本日の作業はこれまで。続きは次回です。

作戦会議中

会長が梯子を登っています
ロープで枝をおちないように
列車が15分毎に通過します