里山オーナー会

平成29年度第11回作業

«次の記事
前の記事»

補助金申請が認められました。

  9時~11時(曇り)
4名(5,7,8,9区画)
モニタリング

今年度の森林・山村多面的機能発揮対策交付金事業の申請が認められたので早速里山と竹林のモニタリングを行いました。

まず里山では25 ㎡の方形調査区を設定するために、前回決めておいた中心木から半径5.65メートル以内にある樹木にナンバリングをつけました。

そして全樹木の種類や幹の直径を測定し記録しました。

これから3年間に亘ってこのモニタリングした区画の木を適宜伐採して環境を整えていきます。

幹の太さを測量中
1本1本ナンバリング
記録していきます

蓮根を植えた田んぼが干上がってしまいました。今夜からの雨を期待しておきましょう。

辛うじて枯れずに残っています

続いて里山西側の竹林のモニタリングです。

竹林では25 ㎡の方形調査区に生えている竹の本数を数えました。

こちらも竹タケノコが利用できる竹林になるよう3年間に亘って管理していきます。

竹林の方は以前完伐した竹が地面を覆っており体重をかけるとズボッと入ってしまうので歩くだけでも大変でした。

来週は枯れた竹の処分をする予定です。

竹林の入口
メジャーで5m四方を測量
竹にもナンバリング
竹の高さを測ります
本日のメンバーです