里山オーナー会

令和2年度第35回作業

«次の記事
前の記事»

シイタケ植菌をしました。

  9時~11時(晴れ)
4名(7,8,9区画と体験者)
植菌等

秋から準備していたホダ木にシイタケの植菌をしました。

また、カマドの屋根を割竹で葺き、煙突も取り付けました。

番外編:香川県「みどりの学校」のプログラム「人工林の整備基礎実習」に寒川里山オーナー会から3人参加しました。

主催のNPO「こにふぁくらぶ」さんの案内で三木町鹿庭の現場へ。

作業内容はヒノキの間伐です。チルホールを使い、直径25cmのヒノキを山側へ伐倒。A級のものなら1立米2万円で売れるらしい。

急峻な斜面で、危険な作業。切り倒した原木を道路までウィンチでおろす手間などを考えると林業の過酷さがわかります。

10本ほど植菌完了
カマドの煙突
みどりの学校での作業
伐倒したヒノキの年輪
本日のメンバーです

神前船井地区の里山オーナー会の事業は、(公財)香川県環境保全公社からの助成を受けて行っています。